メインイメージ

合同会社設立で節税

合同会社設立で節税ができる理由

節税の目的で合同会社設立をする人はすでに多くいます。例えば、不動産をたくさん保有していてマンション経営などを行っている人は、個人で経営をしていれば多くの税金を支払わなければなりません。

不動産を管理する会社を設立すれば、納めるべき税金を抑えることができるというメリットがあるのです。

合同会社設立をすることによって節税ができる理由はいろいろとあります。まず、税金は利益に税率を乗じて計算されます。

この利益についてですが、これは収入から経費を差し引いて計算されます。ですから、経費が大きければ利益は小さくなり、それによって税金は安くなるのです。

経費として何が認められるのかというのは法律によって定められているのですが、個人事業として経営を行っている場合と比べると、合同会社設立をしたほうが、経費として認められるものの幅が増え、うまくすれば多くの経費を発生させることができるために、税金を安くすることができます。

役員報酬を計上できることも税金を安くできる理由の一つです。個人事業として経営をしている人が合同会社設立をした場合、稼いだ利益が会社の資産となっても個人の報酬となっても、あまり大きな違いはありません。

ですから、結局は会社の利益にしてもよいですし役員報酬としてもよいのですが、役員報酬は経費として認められるという点に注意しなければなりません。

役員報酬は経費として認められますし、個人の給与は一定の控除があります。これらをうまく調整していくと、会社と個人とが支払う税金の合計を安くすることができるのです。

減価償却の制度が任意だという点にも注意しておかなければなりません。個人の場合には、減価償却は強制的に行わなければなりませんが、合同会社設立をすれば減価償却の方法を選ぶことができますから、例えば利益が出なかった都市には減価償却を実施せずに、翌年度に繰り延べるなどの方法で節税を行うことができます。

そのほかには保険料を経費として認められるという点も是金を安くできる理由の一つです。個人でも保険をかければ保険料を経費として認められるのですが、その金額はあまり大きくはありません。

合同会社設立をすれば経費として認められる部分が大きいですから、これによって税金を安くできます。例えば、支払った保険料の全額を保険金として受け取ることのできる保険商品があり、これを利用すれば経費として計上できますから、資産を減らすことなく節税ができます。