メインイメージ

申請を行政書士

合同会社設立申請を行政書士に依頼すること

合同会社設立における各種申請を行政書士に依頼することができます。法務局での登記関係の仕事は司法書士が行う必要がある場合もありますが、それ以外は大抵の場合代行で申請することができます。

そもそもこの合同会社とは、かつての有限会社に代わるものとして設置できるとされたものです。株式会社とは異なりその組織上家族経営に近いような形態の法人となっているなど、特徴がいろいろあります。

この合同会社設立に必要な書類の作成について、行政書士にもある程度関わってもらうことで、その後の代行申請などもスムーズに行くことが多くなります。何度も役所に足を運んで合同会社設立についてどういった書類がいるのか、あるいは書類不備で再提出といった様々な問題が発生しうるものですし、こうした書類の提出期限が明確に決められているものもあるので、提出に当たっては慎重に考える必要があります。

合同会社設立で必要な書類は単に提出だけでなくその内容を審査されるものもあります。また、法人設立に当たっては、あまり一般に知られていませんが国、厚生労働省や地方公共団体などから条件を満たしいているという話のもとで、補助金や助成金が出る場合があります。そういった情報は知らなければ分からないものですし、誰かが親切に教えてくれるものでもありません。

こういった補助金などは期限が決められているために申請には迅速さが求められます。このため、合同会社設立により申請ができるものは準備を順次整えていく必要がありますので、そういった意味でも行政書士やあるいは社会保険労務士などの専門家の助力を仰ぐことは重要になって来ます。

なお、合同会社設立時にはその屋号やあるいは組織などを考える必要がありますが、そうしたものに基づいて受け取れる補助金などが変わる場合があります。このため、できるだけ法人設立前には一定の知識などを持っておくことが望ましく、もし専門家に助力を仰ぐ場合には最初から助言などを求めていくことが望ましいと言えます。

法人設立により業務ができるものの中には介護保険制度の関係もありますが、定款や登記簿謄本などで記載に制限がかけられる場合もあるので、あらかじめ役所に相談をする必要があるものもあります。

また、それ以外の業種でも行政の許可がないとできないような業務をしたい場合には事前に相談をするなどの対応が必要となります。いったん定款や登記が済んでしまうとその後の変更に時間がかかるので、業務開始がそれだけ遅れることになります。