メインイメージ

デメリットも把握

合同会社設立ではデメリットも把握しておこう

会社設立をしようと思ったときには、多くの人は株式会社か合同会社かで悩むようです。

設立時のコストや、あるいは維持費などを考えれば合同会社設立のほうが優れています。

小規模な会社の場合にはやはり合同会社設立が適していると言われることが多いのですが、そのデメリットも把握しておく必要があります。

合同会社設立をするデメリットとして挙げられるのが知名度の低さです。「株式会社」というと、やはり知名度は高いですから、カッコイイと言うだけではなくて、社会的な信用力も高いですから、メリットは大きいでしょう。

合同会社は現在の会社法が施行されたときに作られた制度ですから、まだ知名度が低いですから、合同会社と言ってもピンとこない人も多いようです。これは時間とともに解消されていくと考えられますが、今のところは株式会社よりも劣っていると考えられます。

組織そのものがシンプルであるということは合同会社設立をするメリットなのですが、シンプルであることがルールが緩くなるというデメリットもあります。株式会社の場合には、保有している株数によって経営権が明確に定められます。

保有している株数が多いほうが経営権が強いですから、それがよいのかどうかは別にして、経営が混乱しにくいという特徴があります。

合同会社の場合には、特に定めがなければ全員一致で意思決定が行われます。ですから、もしも社員同士が対立した場合には意思決定を行うことができず、会社としての経営が混乱することもあるのです。

これを防ぐためには、社員を少なくするか、あるいは定款によって意思決定の方法を定めておくのが良いです。

例えば、出資額に比例して決定権をえらえっルと言うようにしておけば、株式会社と同じようなスムーズな意思決定が行われます。

このようにデメリットはありますから、合同会社設立をするときにはこのようなデメリットについても把握しておく必要があります。把握してさえいれば対策を打つこともできます。例えば、個人事業として経営を行っている人が一人だけで会社設立をする場合には、知名度が低くてもあまり関係はありませんし、社会的信用力にしても個人よりは高くなります。

また、一人しか社員がいなければ意思が対立することもないでしょうから、意思決定に問題が生じる可能性も低いでしょう。下手に社員を増やすのではなくて、一人だけで設立をすれば特に何らかの不具合が生じる可能性は低いのです。