メインイメージ

合同会社設立は安い

定款認証が不要な分だけ合同会社設立は安い

合同会社設立をするメリットの一つが設立費用の安さです。

会社を設立すれば節税など様々なメリットを享受することができますから、何らかの形で会社を作りたいと考えている人は多いでしょう。

しかし、実際には節税などのメリットさえ享受できればよいという人もいて、現在の状態とは何も変えずに、ただ法人格を取得したいと考える人もいます。このような場合には、できれば設立費用が安い方がよいと考えるのは自然な事です。

法人格を取得しようと思った場合には会社の種類を選ばなければなりません。現行の会社法では株式会社、合同会社、合資会社、合名会社の4つが設立できますが、このうちで有限責任なのは株式会社と合同会社ですから、たいていはこの二つのうちのどちらかを設立することになります。

この二つを比較した場合には、合同会社設立をする方が明らかに設立費用は安いですし、また設立後の維持費用も安いという特徴があります。そのために合同会社設立をしようと考える人は多いのです。

では、具体的にはどのような点で安くなるのでしょうか。株式会社との違いは定款認証が必要あるのかないのかです。

定款は会社の基本的な運営方針を決めるための大事な書類で、会社の憲法とも言われるものです。

株式会社は利害関係者が多くいることを前提に作られていますから、定款も厳密に作られていて、そして法律によっても守られています。そのため、法律に適合しているのかどうかをきちんとチェックしなければなりません。

これが定款認証の手続きです。

定款の認証は公証人役場で行いますが、このときに定款認証手数料が5万円かかります。合同会社設立の場合にはこの手続きは必要ありません。

定款を作成することは必要なのですが、認証の手続きをすることは必要ないのです。その分だけ安く設立することができます。これが合同会社のメリットとも言えるでしょう。

また、株式会社設立をする時の最低の登録免許税は15万円ですが、合同会社設立の時には最低の登録免許税が6万円ですから、この分も安くなるのです。

なお、定款を作成すれば収入印紙を貼らなければならないのですが、電子定款の場合には印紙が必要ありません。印紙代は4万円かかるのですから、電子定款を作成することによってかなり安くすることができるのです。

定款の認証手数料も必要ありませんから、法定費用としては6万円がかかるだけなのですから、合同会社設立は非常に魅力的なものだと言えるでしょう。